注目のキャピキシルを配合した育毛アイテムが続々登場!実感するために選ぶならこれ!

このサイトで詳しくご紹介している育毛成分キャピキシルを配合している商品が続々と販売開始されています。

少し前までは、キャピキシルを配合している商品が少なかったのですが、2015年に入ってから急に増えてきました。
やはり、薄毛治療薬のミノキシジルの約3倍の育毛パワーがあるということで、今後ますます注目されてきそうですね。

キャピキシル配合の育毛アイテムの特徴としては、副作用の心配がほとんどいらないということ。
ミノキシジルを配合している育毛剤の場合、ミノキ焼けをはじめ様々な副作用が心配されていますし、何より未成年の方は使えないです。

しかし、キャピキシルは前回もお伝えしたとおり、自然由来の成分なので未成年でも安心ですし(もちろん商品によりますが)副作用の心配がほとんどいらないのも特徴です。

そのため、これまでミノキシジルを使ったけど、痒みが酷くて悩んでいたという方にはうってつけですね。

そんなキャピキシル配合の育毛剤として先日発売開始されたばかりの商品が、「ボストンスカルプエッセンス」です。

ボストンスカルプエッセンスが他の育毛剤と違う点は、大きく3つあります。

まず一つ目が、キャピキシルを配合しているということ。
キャピキシルに配合されている「アセチルテトラペプチド-3」には、ミノキシジルの約3倍の育毛パワーがありますし、「ビオニカA」には、抗男性ホルモン作用がわかっています。

ミノキシジルが生え際の後退には効果がないといわれる所以は、抗男性ホルモン作用のある成分が配合されていないためです。
ボストンスカルプエッセンスなら、抗男性ホルモン作用成分が配合されている為、期待できるので注目されているんです。

二つ目が、ミノキシジルと近似した構造を持つ「ピディオキシジル」を配合していることです。
ピディオキシジルとは、ミノキシジル誘導体とも言われ、構造がとても似ているのが特徴です。
キャピキシルとピディオキシジルを配合した育毛アイテムは、現在ボストンスカルプエッセンスだけなのでより注目されているんですね。

そして三つ目が、フラーレンが配合されていること。
これは、肌の老化対策として選ばれている成分なので、加齢が原因で薄毛や抜け毛が酷くなっている方には相性抜群の成分ですね。

参照:ボストンスカルプエッセンスの成分を徹底解説!

このように、ボストンスカルプエッセンスには、他の育毛剤や育毛アイテムには配合されていない成分がっぷりと配合されているんですね。
キャピキシルを配合した育毛アイテムは他にもありますが、先日発売されたということもあり他の違う育毛アイテムボストンが出たとして育毛業界で注目を集めています。

キャピキシルを使った薄毛対策に取り組みたいという方は、ぜひ試してみる価値はありそうですね。

キャピキシルの「ビオニカA(アカツメクサ花エキス)」について詳しくご紹介

キャピキシルを構成する成分の一つ「ビオニカA(アカツメクサ花エキス)」には、抗男性ホルモン作用が注目されています。

抗男性ホルモン作用のある育毛成分として「ヒオウギエキス」「オウゴンエキス」「冬虫夏草エキス」などがあります。
「ビオニカA(アカツメクサ花エキス)」にも、同じような働きが注目されているんですね。

では、なぜ抗男性ホルモンの働きが育毛に良いのかといえば、抜け毛の原因をブロックできるからです。

男の抜け毛の原因は、男性ホルモンのテストステロンと還元酵素5α‐リダクターゼが結合して生成されるジヒドロテストステロン(DHT)の悪影響だと考えられています。
ジヒドロテストステロンと毛根部にあるレセプターがくっつくことでヘアサイクルが乱れてしまうんですね。
その結果、脱毛を引き起こしたり細毛化を引き起こしたりしてしまうのです。

そのため、抗男性ホルモンの働きがあるということは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成をブロックするとして期待されています。
キャピキシルの構成成分である「ビオニカA(アカツメクサ花エキス)」には、そのような働きが期待されているんですね。

特に、生え際の後退は、男性ホルモンの影響を強く受けるといわれているため、前髪がヤバイと感じる方に期待されています。

「ビオニカA(アカツメクサ花エキス)」は、さらに、自然由来の成分であるため副作用の心配がほとんどないというのも特徴です。
やはり、こういった成分は、どれだけ体への負担が低いかというのが、選ぶうえで重視すべき一つですからね。

このように、キャピキシルには、様々な特徴があるのがわかりますよね。

キャピキシルの「アセチルテトラペプチド-3」について詳しくご紹介

キャピキシルを構成する成分の一つである「アセチルテトラペプチド-3」は、実は強力な育毛パワーが注目されているんです。

なんと、薄毛治療薬として有名な有効成分・ミノキシジルの約3倍の育毛率が実験で明らかになったんですね。

ミノキシジルといえば、俳優さんが出演しているテレビCMで有名なリアップに配合されている成分です。
リアップは、医薬品に分類される育毛剤で唯一発毛効果があるとされている商品ですね。

キャピキシルは、なんとそんなミノキシジルよりも育毛率が高いということで話題になっているんです。

しかも、キャピキシルとミノキシジルの大きな違いがあります。
それが、「副作用の心配がほとんどない」という点にあります。

ミノキシジルの場合、塗布した部位が痒くなったり炎症をおこしたりする、いわゆる「ミノキ焼け」と呼ばれる副作用があります。
ミノキ焼けになってしまう人は多く、一度なってしまうと二度と使えないのです。

そのため、ミノキシジルが合わない場合、二度と使うことができず育毛をあきらめてしまう方もおられるんですね。

一方、キャピキシルは自然由来の成分であるため、副作用の心配がほとんど必要ないというのが大きな特徴です。
そのため、ミノキシジルを使えない方も愛用されている方増えています。

また、ミノキシジルは一般的に未成年は使えない商品となっていますが、キャピキシルなら問題ありません。

このように、キャピキシルに配合されている「アセチルテトラペプチド-3」には、注目される育毛パワーがいろいろあるんですね。
最近では、Deeper3Dやボストンスカルプエッセンスなど、様々な育毛アイテムに配合されるようになってきています。

キャピキシルを使いたいという場合、そういったキャピキシル配合商品を手にされると良いですね。

キャピキシルってなに?どうして話題になっているの?

最近育毛成分の中でも特に注目されているのが「キャピキシル」と呼ばれている成分です。

すでにキャピキシルが配合されている育毛剤や育毛シャンプーが販売されているので、見たことがある方もおられるかもしれません。

では、キャピキシルって何?そもそも何がそんなにすごいの?と思っている方に、詳しくご紹介していきますね。

キャピキシルというのは、成分名というよりも総称みたいなもので、「アセチルテトラペプチド-3」と「ビオニカA(アカツメクサ花エキス)」から構成されるものなんです。

「アセチルテトラペプチド-3」は、最近話題になっている成長因子の一種でもあるんですね。
キャピキシルは、これら2つの成分から構成されているため、育毛剤や育毛シャンプーの成分表を見ても「キャピキシル」とは、記述されていないので注意しないといけないです。

さて、これらの成分がなぜそんなにすごいのかといえば、様々な育毛効果が期待されているからなんですね。

特に、男性の気になる薄毛対策として注目されている成分であるため、今後ますます注目sれること間違いなしです。
キャピキシルは、主に昨年(2014年)に一気に注目されるようになったため、キャピキシル元年なんて呼び方をされたりもします。

そんなキャピキシルを一気に世に広めたといわれているのが、育毛スカルプエッセンスのDeeper3Dです。

Deeper3Dとは、モンゴ流シャンプーで同じの株式会社アルファウェイから販売されている商品です。
これまでの一般的な育毛剤と違って、医薬部外品ではなく化粧品という分類になるのも大きな特徴です。

医薬部外品として許可を得るためには、成分配合などもしっかりと決められているため、本当に期待できる成分を配合しにくいのが現状だと書かれていました。
そこで、キャピキシルや成長因子といった期待の成分をたっぷりと配合するために、あえて医薬部外品の育毛剤ではなく、化粧品の育毛スカルプエッセンスという形で販売されています。

このDeeper3Dが販売開始されてから、キャピキシルという成分が一気に有名になりました。
もちろん、それ以前からキャピキシル配合の商品はあったのですが、Deeper3Dの功績は大きいですね。

ということで、このブログでキャピキシルやDeeper3Dについても詳しくお伝えしていこうと思います。